能 竹生島(ちくぶしま)

帝に仕える臣下が竹生島詣でを志し、琵琶湖の湖上に竹生島が見えるところにたどり着きます。おりしも老漁夫と女性を乗せた小舟が行くので便船を頼みます。やがて舟は竹生島に着き、老人は臣下を社殿に案内します。女人禁制の島に女性も同行するのを不審に思った臣下に、女性は弁財天の徳を讃え、自分は人間でないことを明かし、件の女性は社殿に、老人は湖中に姿を消してしまいます。暫くすると社殿は鳴動し、弁財天が姿を現し天女の舞を舞います。月が湖上に澄渡ると、龍神が出現し、金銀珠玉を臣下に捧げ衆生再度、国土鎮護の誓いをあらわし、弁財天は御殿に、龍神は湖底の竜宮に姿を消します。

引用文献【夜桜能.COM】http://www.yozakura-noh.com